So-net無料ブログ作成
検索選択

八溝山から142km離れた東京スカイツリーが見えました! [奥久慈の山]

前記事の続きです。昨日の記事は富士山遠望でしたが、今日は東京スカイツリー遠望です!

富士山がくっきり見える日には東京スカイツリーが見えることもあります。
それでは、142km離れた奇跡の眺めをたっぷりご覧ください。

j0.jpg

↑ 八溝山の山頂です。

クリックして奇跡の眺めを!


崩落防止工事中の月居山からの雲海 [奥久慈の山]

檀信徒研修旅行の記事は、あと二回分あるのですが、昨日撮影した写真をご覧いただきます。

12月7日、マイナス3℃まで冷え込んだ大子町です。

tsukiore.jpg

今日は、月居山がきれいに見えますが、昨日は霧が立ち込め、朝のうちは見えませんでした。

12月6日、深い霧が立ち込めた朝、袋田側からは行けないので、

生瀬回りで月居山へ軽トラで登っていくと・・・

クリックして、月居山へと・・・


大円地越から鷹取岩をめざしますが・・・ [奥久慈の山]

海の日の7月18日に、近くの山に登った時の続編です
持方集落から大円地越までは、比較的なだらかなので楽にここまではたどりつけますが、

o0.jpg

↑ ここから鷹取岩へ向かうハイキングコースは急な登りです。

クリックして、岩山を登っていきましょう


持方集落から、大円地越しへ・・・ [奥久慈の山]

海の日の7月18日(月)、午前中は護持会名簿の整理を行いました。

午後は、近くの山へ・・・

oenjigoe.jpg

先日紹介した、古分屋敷から見た男体山から南に続く山なみです。

この上を歩いてみようということで・・・

大子町側から登ると大変なので、裏に回り・・・
軽トラで20分ほど走り、常陸太田市水府地区持方集落まで、

n0.jpg

↑ ・・・

熊が出るかもしれないので、注意して山へ入ります。

クリックして、大円地へ向かいましょう


⑥ 新緑の月居山に登ってきました-その6-(トレイルのコースを歩いてきました編) [奥久慈の山]

しばらく間があいてしまいましたが、月居山を紹介する記事の続編です。

tsukiore3.jpg

うちから見える月居山、昨日もこの山に登ってきました。

登ったルートは、月居旧道、29日に「奥久慈トレイル・レース」のコースになった道です。




クリックして、月居山に登りましょう。


③新緑の月居山に登ってきました-その3-(絶景を楽しみながらの下山編) [奥久慈の山]

今日は、野菜の苗や種を買ってきて、畑に畝を切り、堆肥を入れ、植え付けの準備をしました。
あとは、雨を待って、マルチシートを敷いて植えつける予定です。

さて、月居山に登ってきた記事の三回目です。

月居観音をお参りしたあとは、北嶺を越えて袋田の滝の方へ降りていきます。

31.jpg

↑ まずは、この階段を昇らなければ・・・。


クリックして、月居山の北嶺を越えて下山しましょう


②新緑の月居山に登ってきました-その2-(月居山からの眺望編) [奥久慈の山]

29日に月居山を歩いた続編です。
野鳥や花々に出会えるゴールデンウィークお勧めのハイキングコースです。

南側の山頂の平坦部はかつて月居城がありましたが、北側の鞍部を江戸時代の街道が通ってました。
常陸太田から大子へ入る道です。

21.jpg

↑ 天狗諸生の騒乱の舞台となった古戦場です。

クリックして、月居観音に向かいましょう


①新緑の月居山に登ってきました-その1-(うっそうとした杉木立の中を登る!編) [奥久慈の山]

4月29日(金)昭和の日、新緑の美しい月居山に登ってきました。

目的は、野鳥の撮影です。

特に、先日、天狗岩付近で姿を確認できる程度にしか撮影できなかったオオルリを狙っての山歩きです。

01tsukiore2.jpg

↑ 龍泰院から見える月居山です。

山頂は、南側(右側)の平坦部なのですが、今回は、北側の峰を通って袋田の滝へ降りるコースです。

クリックして、月居山へ登りましょう


シロヤシオの花が咲く袋田の滝と生瀬滝 [奥久慈の山]

境内のシロヤシオが咲いたので、袋田の滝のシロヤシオも咲いているかと思い・・・
午前中のお勤めを終え、午後から袋田の滝へ行ってみました。

f1.jpg

↑ 4月22日の袋田の滝です。

シロヤシオを見に登りましょう!


⑥鷲ノ巣山縦走記その6(完結編) [奥久慈の山]

4月13日に撮影した、鷲ノ巣山から下津原要害にかけての山なみです。

hidure1.jpg

↑ 急斜面には山桜が美しく咲いています。

さて、このシリーズの最終回になります。
前記事まで、眺望を楽しんでいただいた256ピークの現状をご覧ください。

d3.jpg

↑ 東日本大震災で頂上付近もガレ場となっています。

この、崩落があったので、しばらくはこの山への登山を自重していました。


クリックして、続きを・・・