So-net無料ブログ作成
検索選択

樹齢600年!矢祭町戸津辺の桜が満開に! [桜]

4月5日(火)、午前中、袋田清流会で「滝川のかわいい こいのぼり」の設置作業を行いました。
うちの桜も、そうですが、袋田のソメイヨシノはほぼ満開となり今が見頃です。
さて、昨日、撮影して来た福島の桜の巨樹を紹介します。

s2.jpg

↑ 福島県南部を流れ下る久慈川の流域は、棚倉断層帯と呼ばれる広い谷になってます。




クリックして、満開の桜の写真を


満開の桜に雪が! [桜]

4月8日、花祭りの朝、窓を開けたら雪景色!

yuki1.jpg

もうビックリです。

満開の桜に雪が積もるのは、めったにありません。




クリックして、続きをご覧ください。


境内のソメイヨシノ開花しました [桜]

3月30日(月)午後3時、境内にそびえる樹齢約90年のソメイヨシノが開花しました。

01.jpg

連日20℃を超える気温で、一気に蕾が膨らんできていましたが、午後になって開き始め、
開いた花が5~6輪になったので開花宣言をします。


クリックして、開花した桜の花をご覧ください。


② 会津に花満開の春が!(会津五桜、石部桜編) [桜]

4月23日に福島の桜を観に行ってきた時の記事です。
今回の会津行の目的は、八重の桜の桜の「石部桜」を撮影することでした。

車は、飯盛山の下の土産物屋さんの駐車場に停めさせていただきました。

i1.jpg

↑ 道を150mほど北に歩き、ガードマンの誘導に従って脇道に入っていきます。


クリックして、石部桜を観に行きましょう。


③一目千本桜日本一のソメイヨシノ編(東北の桜を観てきました。その3) [桜]

4月16日に東北へ桜を観に行った記事のまだまだ続く、続編です。

昨年は、同じ白石川でも大河原町の方を観たのですが、
今年は、柴田町へ行ってみました。

s1.jpg

↑ 雪の蔵王と白石川とソメイヨシノの並木を入れた写真を撮るためです。

しかし、実際に行ってみるとなかなかいいアングルの場所がありません。


クリックして、一目千本桜をたっぷりご覧ください。


境内のソメイヨシノが満開です。 [桜]

樹齢90年のソメイヨシノがいよいよ満開になりました。

昨年は、ウソが開花前に花芽をついばんだため上の方がまばらでしたが・・・

01.jpg

↑ 今年は、見事に咲きました。

ソメイヨシノは、山桜や枝垂桜と違い、満開になっても葉が目立ちません。


クリックして、満開の桜をご覧ください。


龍泰院の桜、開花宣言! [桜]

4月1日(火)、平成26年度の始まりました。

昨日は、平成25年度末教職員定期人事異動辞令交付式が、
今日は、平成26年度始め教職員定期人事異動辞令交付式があり、
教育委員として出席してきました。

01.jpg

↑ 今朝の三径庭です。

06.jpg

↑ 玄海ツツジが満開になりました。

一方、境内にそびえる樹齢90年のソメイヨシノは・・・

クリックして、境内の花の様子を・・・


①秋田県研修旅行に行ってきました―その1―(白石川沿いに咲く一目千本桜編) [桜]

4月17~18日、龍泰院護持会研修旅行で秋田へ行ってきました。
目的地は、北秋田市綴子の宝勝寺さま、龍泰院開山天山正繁大和尚が最初に住職を勤められたお寺さんで、18日に参拝させて頂きました。

17日は、秋田県の男鹿半島の男鹿温泉まで移動しましたが、途中二ケ所、桜の名所を観光しました。

すでに葉桜となった袋田を出発し、塙の道の駅で小休止、

00.jpg

↑ 数日前は満開だった付近の久慈川の堤防のソメイヨシノは見頃を過ぎていました。
久慈川沿いに若いソメイヨシノがどこまでも続き、ここも、満開の時は見事です。

途中、バスの中で研修をしながら進めていくと、福島県の須賀川、郡山、二本松、福島は満開でした。

三春の滝桜も17日が最盛期だったようです。

そして、私たちが向かった桜の名所は・・・

クリックして、一目千本桜をご覧ください。


大子町生瀬の沓掛峠の山桜が見頃です。 [桜]

4月14日(日)、サッカー部の試合で朝早く出発するこうしょうを学校まで送っていった帰り、生瀬の沓掛峠の山桜を観てきました。

01.jpg

↑ 大子町生瀬地区の枝垂桜のある外大野から大生瀬へ抜ける山道が沓掛峠です。

以前(平成17年)、来た時より、きれいに整備されていました。




クリックして、上まで登り眺望をお楽しみください。


今日は大子中と大子清流高校の入学式だったので手分けで・・・ [桜]

今日は4月8日に撮影した桜の記事です。

11.jpg

↑ まずは、前記事で紹介した外大野の枝垂桜を別角度でご覧いただきます。

今が、見頃です。

クリックして続きをお読みください