So-net無料ブログ作成

本当かな? [評論]

昨日で、月遅れの八月お盆も終わりです。
今年は、旧暦の進行がはやく、旧暦お盆が、月遅れお盆よりも早かったです。
お盆は、7月15日を中心に行われます。
大子町は、月遅れの8月がお盆です。

インドは、月の暦ですので、7月の満月の頃がお盆です。

日本も、かつては月の暦でしたので、お盆の時は、丸い月が昇るのです。
そうなんです。歌のように、「盆のような月」が昇るのでした。

今年は、台風が各地に被害をもたらしていた8月10日が旧暦の7月15日でしたので、この日がお盆でした。

facebook友達が、インドにいるので、訊いてみたら、インドでも僧侶を招いて先祖の供養をすると言ってました。
これも、意外な発見で、法話のネタにも使えそうです。


ところで、テレビニュースからよく聞こえてくる、「故郷でお盆休みを過ごした人たちのUターンラッシュが、早くもはじまり・・・」とか、「今日がふるさとからのUターンラッシュのピークです。」ということば、本当でしょうか?

私は、故郷からのUターン・・・本当かな?と感じています。

というのは、最近、お盆に故郷に帰らず、行楽を楽しむ人が増えているからです。

(※ 地方から首都圏に出て来て二代目・三代目となり、帰省する田舎が無い人が多くなっていると思う。)

たとえば、10日に高速道路の上り線が渋滞したり、14日に上下線が渋滞したのは、
帰省する人もいるでしょうが、実は、日帰りの観光を含めた行楽客の移動によるものなのではないでしょうか?

30年前は、団塊の世代が、親のところへ、帰省するので、田舎も人であふれましたが、
今の若い人は、帰省というよりも、どこかへ出かけるという方が多いみたいです。

メディアの人も、毎年同じような、決まり文句のアナウンスをするのでなく、その実情を確かめてみると興味深いニュースになるんじゃないかと思います。


皆さんも、こんな感じで、疑問を持ってニュースを見ていると面白いですよ!

TVではこういっているけど、本当かな?って・・・

節電で一番有効な方策はTV放送の休止だという話が・・・ [評論]

いよいよ猛暑の夏がやってきました。

今年も昨年に引き続き節電の夏です。

去年に引き続き、節電のアイデアを探してみました。

クリックして、究極の節電法を・・・


最近、散骨が話題にのぼらなくなりましたね。施食会無事終了! [評論]

8月11日(木) 龍泰院の山門大施食会法要(さんもんだいせじきえほうよう)が無事終わりました。

22.jpg

↑ 今朝の日の出です。ちょうど滝のあたりから昇ってきました。

さて、お盆も近いということで、宗教事情について評論してみます。

マスメディアがあれだけ、取り上げ、一部宗教学者が葬送が変わって行くきっかけになると言っていた散骨ですが、皆さんの回りで行われていますか?

葬送儀礼について先日の記事で、マスメディアが耳目を集めるような一部の人の行動をとり上げ、あたかもそれが時代の潮流のように報道する姿勢について評論しましたが、今日は一時話題になった散骨について取り上げてみましょう。

クリックして、人を葬るということについて考察してみましょう。


東京の一部の葬送事情を日本の常識だと思って欲しくない! [評論]

なんか、最近、NHKの報道姿勢が変です。 日本中に支局があり、それぞれの地方の特色を生かした報道をしていたのですが、 最近は、日本の伝統文化を軽く見るような姿勢が目立ちます。 特に、葬送に関する番組にそれが顕著です。 sankeitei.jpg ↑ 8月6日(土)、朝靄に包まれた龍泰院の境内三径庭です。

クリックして、葬送の本質布施の本質をお考えください。


-追記あり-川勝平太静岡県知事の反旗を支持する。もう霞ヶ関はいらない!≪まとめ≫までお読みください。 [評論]

国は、生茶や抽出されたお茶だけでなく製茶の製造過程でもある荒茶も含まれる放射性物質の量を調べるように全国12都府県に指示したが、静岡県の川勝知事は調査を実施しないことを表明した。

クリックして、私が、霞ヶ関がいらないという理由を・・・


落ち葉で焼いた芋は美味しいぞ~~~ [評論]

前記事でご紹介した境内のもみじもマイナス3~4℃の冷え込みでほとんど落葉しました。

yakiimo1.jpg

このような袋に5つほど落ち葉を集め、畑に運びました。

続きを読む


矢祭町議会で議員報酬日当制可決! [評論]

年の瀬を迎えた12月28日、東北の小さな町で画期的な条例が制定された。

合併しない宣言の矢祭町

議員報酬の月額制をやめ、議会に出席するごとに一定額を支給するという日当制である。

もちろん、期末手当(ボーナス)や交通費もない。

提案者の菊池清文さんによると

続きを読む


お彼岸です・・・ [評論]


↓ 彼岸花のつぼみにとまって羽を休めるオニヤンマ

お彼岸に入りいよいよ忙しくなりました。

続きを読む


思い込みは危険です! [評論]

 前記事でふれたADSLが袋田の山寺にも開通したのでこれからは軽快にインターネットを楽しむことができます。メールの受信も画期的に早くなりました。たー助さんの大量の画像も見ることが出来ます。ただ、大子町の山間部もそうですが、世界的にはブロードバンドが整備されていない地域が多いので、画像サイズはあまり重くしないつもりです。

さて、今日も評論です。

郡山へは水郡線で行きました。以前は車で行くことが多かったのですが、最近は地球環境を考え、出来るだけ公共の交通機関を利用するようにしています。

その、水郡線の途中の駅で一人の女性が列車から降りることが出来ませんでした。なぜかというと、降車する時に押さなければいけない「ドア開く」ボタンを押さなかったのです。

私が気づいて「教えてあげよう!」と思った時はドアがロックされすでに手遅れ、結局その女性は次の駅員のいる駅まで乗り越す事になってしまったのです。

「どうしてドアが開かなかったのよ!」

「ローカル線はドア開くボタンを押さないと開かないんですよ」

というその女性と運転手の会話が聞こえてきました。

たしかに都市近郊の電車や幹線の鉄道では駅に停まるとあたりまえのように勝手にドアが開きますが、北国や地方ではそれがあたりまえのことでは無いのです。

ドアは誰かがあけてくれるものと思い込んでいたその女性は、その思い込みによって列車から降りることが出来なかったのです。ドアのところには大きく「ドア開くボタンを押して降りて下さい!」と書かれてあったのですが・・・

これは、たまたま女性でしたが、男性でも同じことですね。

外国で日本人の男性が、タクシーを降りるとき、ドアが開くのを待っていたのをたまたま見かけたことがあります。私は、日本じゃないんだからタクシーに自動ドアがついている訳ないでしょ!と思いましたが・・・けっこう笑える光景でした。これも、タクシーのドアは自動で開くものという思い込みが邪魔したのでしょうね。

そういえば、この前ミャンマーへ行った時、ヤンゴン国際空港へ降り立って、空港ターミナルへ移動するバスに乗った時のことです。飛行機からバスへ乗り込むと、突然バスが動き出したのです。大きくドアが開いたまま・・・

思い込みは危険です!として紹介した中でもこれは一番危険な状態でした。棒につかまってなかったらきっと転落したことでしょう!

実はミャンマーではドアを開けたまま走るのが普通なのです。日本製のそのバスには日本語で「自動ドア」とかいてあるのに・・・

ところで、皆さん、ホテルに泊まると部屋に備え付けの歯ブラシや髭剃り、櫛などを使いますか?

もちろん私は必要が無いので櫛は使いませんし、歯ブラシと剃刀は自分が持参したものを使います。備え付けの物は品質が悪いということもありますが、一度だけ使って捨てるのはもったいない気がするからです。

一度だけの使い捨てをもったいないと思うか、それともサービスでついているのだから使わないのはもったいないと思うのか人それぞれでしょうけど・・・

思い込みといえば、辛口のコメントをするからと言ってその人を怖い人だと思い込んではいけません。
実は、とっても、優しくて、正義感が強く、しかも、実行力のある方だったりしますから♪

最後にブロードバンド開通記念の画像です。

うちの近くの絶景の露天風呂です♪


nice!(41)  コメント(51) 

緑を守ろう! [評論]

三日連続の 評論ですが、お付き合いください。

おとといから気になりだした黄砂ですが、昨日は凄いことになりました。

本州では東の方にあたる茨城でさえ近くの山も黄砂に霞む状態ですから、西日本はさぞ凄いことになっているかと思います。

戦争中、兵役で中国北西部に行っていた近所のおじさんがその当時も大陸奥地では黄砂の被害が凄かったと言ってましたが、ここ数年はそれがさらに悪化しているようです。

日本の山々は幸い緑を保っていますが、世界中の森林が瀕死の状態になっています。東南アジアのチーク材やマングローブ、アマゾンの熱帯雨林、アフリカのジャングル、いずれも、毎年すごい勢いで原野化しています。

2月に東南アジアへ行ってわかったんですが、日本と違い、乾季のある気候では、一度伐採してしまうと、植林しなければ樹は育たないのです。ですから山々は赤茶けた岩や土の肌を無残にさらしています。

北朝鮮、中国などでも山の木はどんどん伐採されて今は岩や土の山になっています。最近の世界中で起こっている異常気象は、人間が発生させた炭酸ガスと人間が森林を伐採しそのあと植林せずに放置してきた結果であることは、明白になってきています。

実は、その、問題となっている違法伐採された木材の購入国は、一位中国、二位日本、三位英国だったのです。今は輸入することは出来ないはずですが、世界中の貴重な森林が伐採され、日本に大量に輸出されている現状は変わっていません。

地球を守る為、日本の森林を守る為、日本はすべての自然林を伐採した木材の輸入を禁止すべきだと思いますが、皆さんはいかがお考えですか?

ただし、植林して育てたものは除きます。

明日から以降は写真が中心となる予定です。

というのも、実は、遅ればせながら袋田の山寺にもADSLが開通します。

開通すれば皆さんのところへの訪問もスムーズになるはずです。


nice!(28)  コメント(33)