So-net無料ブログ作成

ヤンゴンのシュエダゴンパゴダ [ミャンマーの旅]

「ミャンマーの旅」もいよいよ最終回です。

↑まずは、バゴーの全長55mの寝釈迦像です。新しく見えますが10世紀につくられたものです。
イギリスの植民地時代に発掘され、人々の篤い信仰で修復されてきました。
(ここのカメラ持ち込み撮影は有料です)
そのほかバゴーには、15世紀につくられた高さ30mの仏像が四面に祀られた寺院などもありました。

↑ヤンゴンの街の中にあるスーレーパゴダです。周辺の道路はロータリーになています。
ダットサン、ハイラックス、トヨペットなどトラックの荷台が乗合バスになってます。

↑ミャンマー最大の聖地、ヤンゴンにあるシュエダゴンパゴダです。
約2500年前に創建されたといわれています。
広い境内は、お参りの信者が行き交っています。日本で言えば浅草の浅草寺といった所でしょうか
仏塔の高さは99.4m、基底部の周囲は433m、塔の最頭部には数千個のダイヤとルビーなどの宝石が散りばめられています。
これらの宝石や塔全体を覆う金箔もすべて信者の寄付で、人々の信仰の深さに驚きます。

↑ヤンゴン市内でのスナップです。昔ながらの市場から最新式のショッピングセンターまで
(ショッピングセンター入り口には金属探知機によるボディチェックがあります。)
百聞は一見にしかずという言葉がまさにぴったりの国です。

以上、世界一の仏教遺跡の国、黄金のパゴダが輝くミャンマーからの報告でした。

帰りは航空機の都合で、23日午後バンコクに移動しいったんタイに入国。
翌日、成田へ戻り無事入国できました。
二週間にわたってお付き合い頂き誠に有り難うございました。
来週は出張で出かけます。記事は出張先からアップする予定です。


nice!(41)  コメント(45) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 41

nice!の受付は締め切りました

コメント 45

せつこ

古いのに立派な建物ですね、金箔はって有りのですか。
寝釈迦像は、有名ですね、55Mも有ったのですか、大きいですね。
もしかして、1番乗り!!
by せつこ (2007-03-03 09:39) 

Silvermac

寝釈迦像、実に巨大でしかも保存がいい手すね。慰霊の旅ご苦労様でした。
by Silvermac (2007-03-03 10:01) 

みど

きれいな寝釈迦像ですねーーーー。。
by みど (2007-03-03 10:03) 

U3

やはり圧倒的に涅槃像が多いですね。それにしても55mとは巨大です。
欧米はそんなに行きたいと思わないけれど
東南アジアとかオセアニアは行ってみたいなぁ。
「ミャンマーの旅」本当にお疲れ様でした。
by U3 (2007-03-03 10:09) 

タケノコ

寝釈迦像、55Mですか、でかいですね~。
石像?木像でしょうか?
いずれにせよ、このような巨大な物を10世紀以上前の方が作ったとは、驚きです。人々の信仰の深さにもお国の差を感じますね。
by タケノコ (2007-03-03 10:14) 

ゴーパ1号

信仰ってすごいことなのですね。
あらためてそう感じます。
「ヤンゴンのシュエダゴンパゴダ 」
ガムラン音楽のタイトルみたいです^^;語感もリズミカルだなあ。
by ゴーパ1号 (2007-03-03 10:55) 

カメラ持ち込み撮影は有料って、
いくらぐらいなんですか?v^^;
by (2007-03-03 10:55) 

まめぞう

寝釈迦像、発掘された、という事は当然埋まっていたんですよね・・・
1000年以上前のものなんですね!(◎-◎)
ピラミッドや奈良の大仏様と同様、どういう風にした作ったのかに興味がいきます。クレーンなどの重機が無かった時代ですから・・・昔の人の知恵はスゴイですよね。^^
by まめぞう (2007-03-03 11:09) 

ぱふ

10世紀に作られた仏像が、本当に新しく見えるのですね!
きれいに管理されているのでしょう。日本の古寺の枯れたたたずまいも
好きですが、現役でキラキラしているのも素晴らしいです。
by ぱふ (2007-03-03 11:24) 

月と、

仏様も建物も、歴史があると聞いただけで驚きです。それを思わせない姿です。。それだけ、綺麗に保たれているのだろうか?それとも仏が本当に宿っているのでしょうか?素晴らしいですね。私の中でかなりの驚きです。仏様のあの肌の白さ、煌びやかさ・・・う~んなんとも言えない感覚です(笑)
by 月と、 (2007-03-03 11:35) 

nomu

とても魅力的な写真ばかりで、楽しませていただきました。
仏教の魂が息づく国の姿を堪能させていただきました。
by nomu (2007-03-03 11:39) 

青さの鮮やかな写真が多いですね。青の世界ですか・・・
私のカメラで撮ってみたいと思います。是非。
by (2007-03-03 11:43) 

moonrabbit

キンピカピカな建物はやはり異次元に感じますね。(^^
シュエダゴンパゴダでピューロランドを思い出したのはナイショです。( ̄  ̄;)
by moonrabbit (2007-03-03 12:13) 

たいへー

まさに仏教の国ですね。 
日の国も、これほど熱心だったら
訳のわからない事件は少ないのでしょうね。
水と空気が眩しく感じました。
by たいへー (2007-03-03 13:04) 

金がかがやいていますね。埋められたダイヤやルビーなどの宝石を盗むような輩は住んでいないのでしょうね。
by (2007-03-03 13:40) 

寝釈迦像、大きいですネ。タイでみたのと顔がにているような気がします。タイにある建築物ににていますが、スケールが違いますネ。やはり、行ってみたいです。ヤンゴン市内でのスナップ、10数年前のフイリッピンの田舎を思いだしました。マニラのデパートでは荷物を全部あずけないとはいれませんでした。研究所も大統領がくるときなどは職員にも金属探知機によるボディチェックがあり、写真機もチェックされました。もちろん、屋根には拳銃持った兵隊が。そういえば、普段も研究所の入り口は拳銃もった門番がいましたね。
by (2007-03-03 14:52) 

2ndLT

どの写真を見ても神秘的ですね。
寝釈迦像の大きさに驚くとともに先人達の偉大さを感じます。
by 2ndLT (2007-03-03 15:12) 

kone

この大きさに驚きですっ!
by kone (2007-03-03 16:30) 

袋田の住職

せつこ さん 仏塔や仏像はレンガを基礎に漆喰で固め、表面には金箔が張られています。木造の仏像もありますが、大きな木がなくなり貴重だそうです。

SilverMac さん 考えられない大きさですね。目がぱっちりで・・・

みど さん つねに補修をして美しさを保っているようです。

U3 さん 涅槃像に対する信仰は篤いですね。驚くべき大きさです。

タケノコ さん 東南アジアではその時代に文化が栄えたのでしょうね。

ゴーパ1号 さん シュエというのは黄金のという意味だそうです。舌をかみそうです。

こうちゃん現地ガイドがチャットでまとめ払いしてました。お賽銭程度のようです。

エルモ さんだいぶ昔につくられて埋もれてしまっていたそうですね。

ぱふさん パゴダの中にはレンガで赤茶けたものもあれば、黄金に輝くもの漆喰で真白にお化粧したものなどいろいろです。

月と、さん  古色に包まれた日本の仏像とは一味違いますね。

nomusanさん 人々が仏教を敬いその教えを守り、仏様を大事にしているのがわかります。

STEALTH さん キャノンのデジイチを持参した人もいるのでどのように写ったか楽しみです。

moonrabbit さんこれだけ輝いている国も珍しいのでは・・

たいへーさん悪いことをしたら悪い報いがあるというので、人々はひたすら善行を積んでいます。日本人も昔はそうだったのに・・・
銅や鉄板、ステンレスなどを盗む人は何を考えているのでしょう!

tanaka-ma3 さん 仏さまのものを盗むとバチがあたるそうです。
実際、イギリスが植民地時代宝石を持ち出したところ悪いことがかさなり戻したそうです。

kazoo さん アジアの田舎は絵になりますね。日本と同じ意識でいるとビックリします。

2ndLT さん 人々の信仰の深さを感じます。偉大です。

kone さん 全体を写すのは大変です。広角レンズ大活躍です。
by 袋田の住職 (2007-03-03 19:06) 

みつなり

どれも金ピカで素晴らしい!
でも維持管理も大変でしょうね。
by みつなり (2007-03-03 20:12) 

お宝隆

バゴーのお釈迦様の寝釈迦像、全長55mとは驚きですね!
信仰心は偉大な力を発揮しますね。
ミャンマーで貴重な体験と良い想い出かたくさん出来ましたね。
by お宝隆 (2007-03-03 20:32) 

HINANO

おねんねした仏像・・・これって室内なんですね。
こんな大きな仏像が室内って驚いています。
やっぱり、金の好きな国ですね。(w
タイの風景と重なってちょっと面白いです。

空港のボディチェックでは、私は1月のたびではすべて引っかかりました。
どうも、とても怪しい格好をしていたようです。私・・・
どう見ても、犯罪者には見えないのにさ~~(w
by HINANO (2007-03-03 21:30) 

みっきぃ

貧しい生活の中、寺院への寄付。
この信仰の深さが、ささやかな幸せを
大きな幸せとして幸福に生活できる
原動力の様なきがしますね。
by みっきぃ (2007-03-03 22:12) 

momoe

寝釈迦像の表情が良いですね。
でもどうして?横たわっておられるのでしょう。
by momoe (2007-03-03 22:21) 

袋田の住職

みつなり さん 維持費はささやかな信者の寄付で支えられています。
信者は領収書を受け取り、葬儀の時僧侶に見せるそうです。

お宝隆 さん 貴重な体験が出来ました。これからの法話にいかせそうです。

HINANO さん 我々は僧侶の団体だったのでスムーズでしたが、
何度も入国している一人旅は怪しまれますよ。
けっこうミャンマーの出国も女性がひっかかってましたね。

みっきぃ生活の基本に仏教という宗教があり、人々はそれで安らぎを得ている。
日本の仏教も頑張らねば!

momoe さん お釈迦様が80歳で入滅される時の最後の説法の姿をあらわしてます。このあと、お釈迦様は完全な悟り、すなわち涅槃に入られました。
by 袋田の住職 (2007-03-04 05:24) 

金ピカですね~
みんなこれを見て、何を思うんだろう・・・。
僕はあんまり欲がないから、ただすげぇ~って眺めてるだけかな(苦笑)
by (2007-03-04 07:03) 

mippimama

寝釈迦像.大きな身体を横たわってるのね〜
寺院のキンピカも輝いてる\(*^∇^*)/
定期的に塗り直すのかな^^
by mippimama (2007-03-04 09:22) 

旅爺さん

寺院は仏教国らしいつくりですね。キンキラリンが多そうですね。
屋内の大きな寝釈迦の撮影はタイでは無料でした。でも大きすぎて部分しか写せません。 楽しい旅でしたね。
by 旅爺さん (2007-03-04 10:27) 

Baldhead1010

やはり、黄金のパゴダ、これに尽きますね。
by Baldhead1010 (2007-03-04 10:32) 

saripapa

凄いなー。
金ピカだ。これが、寄付でなりたっているなんて、信仰の深さですね。
身長55m不思議なことにウルトラマンたちの身長も40〜50m。
人にとって畏敬の念を生じさせるサイズなのかな。
お顔も明るい。^^
by saripapa (2007-03-04 11:11) 

シュエダゴンパゴダ、圧巻です。いったいどういう構造になってるんでしょうね?
あれが全部金だったら、、、いかん、俗物丸出し(自爆)
by (2007-03-04 14:16) 

のの

カメラの持ち込みが有料というのに驚きました。
お釈迦さまのメンテナンスに用いるのかな?
by のの (2007-03-04 16:41) 

ちゃわ犬

大きな寝釈迦像ですね・・・ 55mですか
日本では寝釈迦像 数少ないですね
by ちゃわ犬 (2007-03-04 18:23) 

kohtyan

ミャンマーは、敬虔な仏教徒が多いのですね。ぜひ行って見たいと思います。
by kohtyan (2007-03-04 18:48) 

sugao

お久しぶりです。
いやぁ でっかいお釈迦様ですね。
実物見てみたいです。
by sugao (2007-03-04 20:33) 

mochamama

仏教の国、素晴らしいですね。
日々の生活に信仰が深く関係しているのがよくわかります。
by mochamama (2007-03-05 01:23) 

nakata

国内の涅槃像は、何処にあるか知っておられますか?
by nakata (2007-03-05 12:13) 

kenzi

涅槃像が一番目を引きました。
by kenzi (2007-03-05 20:04) 

ikkoy

 寝釈迦像は写真で観たことがありましたが、全長55mとは壮大でしょうね。シュエダゴンパゴダは、約2500年前に創建されて、高さが100m近くというのは凄いですね。
by ikkoy (2007-03-06 09:33) 

一度この涅槃仏様を拝見した見たいと思っていましたが。。やはり素晴らしいですね。。
by (2007-03-06 20:15) 

ぴんく

カメラ持込が有料というのもあるんですね~。
それにしてもキレイですね、寝釈迦像。
by ぴんく (2007-03-07 06:36) 

袋田の住職

みかん さん 訪れた人はまず、大きさに圧倒されますが、人々の信仰の深さに感心します。

mippimamaさん ミャンマーでは定期的に金ぴかにするようです。いつも新しいもののように輝いています。

旅爺さん 覆い堂の柱が邪魔でしたが、なんとか全景も撮影できました。
タイのお寺も訪ねてみたいです。

Baldhead1010 さん ミャンマーといえば金色のパゴダですね!

saripapa さん ウルトラマンって大きいですね。あれで立ち上がって歩きだしたら驚きのサイズです。

Tad さん 四方に仏陀が祀られ、さらにその周囲に八つの干支の守り神がいます。方形の基壇の上に円塔がのる構造です。

のの さん そうして集めたお金を管理に使うようです。チップの慣習がある国ですので・・・

murasawa さん 日本では、掛け軸にして祀りますので寝釈迦像は少ないですね。

kohtyan さん 一生をかけて仏教を信仰する生活です。

sugao さん 実物は建物のようでした・・・

mochamamaさん生活の隅々まで仏教がいきづいています。

nakata さん そういえば今まで知りませんでした。今度調べてみます。

kenzi さんは世界のいろいろな所をみているのでしょうね。
この寝釈迦さまは本当に驚きです。

ikkoyさんミャンマーの誇りでしょうね。素晴らしいです。

水郷楽人さん 凄いの一言です。

ぴんく さん 地獄の沙汰も金次第という言葉がありますが・・・
けっこうそういう国は多いですよ。
by 袋田の住職 (2007-03-07 19:00) 

サファイヤ

知らないことばかりで、読みながら勉強させていただきました。
街の様子の写真を見ると、仏教の国だとつくづく感じます。
by サファイヤ (2007-03-07 23:21) 

寝釈迦像が復旧されて、今に継がれている様子・・・信仰心の篤さを感じます。
パゴダも、神々しいですね。
(“仏々しい”という言葉はないようで・・・)
by (2007-03-08 23:36) 

にこにこ

室戸にもどなたかの涅槃像があります。我が家に2年ほどいたスペイン人の青年がこの涅槃増が気にっていました
また仏壇がほしくてスペインへもってかりたいといっていました。
我が家の墓地へ連れて行っても(神道)お参りはしませんでした。彼はキリスト旧教でした。

ミャンマーは昔はビルマ
スリランカはセイロン島ですね
やっとおもいだしました
by にこにこ (2010-02-24 20:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント