So-net無料ブログ作成

老婆心をありがたく感じる時 [法話]


 8月お盆の季節です。今月はお盆の法話など・・・

「老婆心をありがたく感じる時」

 昔ほどではないにしろ、田舎にはおせっかいなおばさんが大勢います。
人のすることが、気になって口を出したり、おせっかいなことをしてしまいます。
「うっとうしいなぁ」「放っておいてほしいのに」と思うときもありますが、このおせっかいが本当にありがたく感じることがあります。
 「老心」すなわち、「老婆親切」とは父母が切々と子を思い、我が身の寒さや熱さをうち忘れ、子の健やかなことを願いながら慈しみ育てるような親切心をいいます。
 そんな子を思う親心やその思い出がつまったふるさと、実家へ帰ると懐かしさとともに、そんな思いを感じるのではないでしょうか?
私も、子供の頃うっとうしいと思った親心をありがたく感じられる歳になってきました。
心が疲れてしまた人を温かく迎え癒してくれるのが、ふるさとなのではないかと思います。
 私にはふるさとが無いという方も中にはいるでしょう。でも、都会育ちの人は都会がふるさとです。
そして、おとうさん、おかあさん、お祖父さん、お祖母さんの代へさかのぼればほとんどの人にふるさとがあるはずです。夏休み、そうした心の故郷を訪ねてみませんか?
 それでも、ふるさとが無いという人は、日本の原風景がある奥久慈大子を訪ねてみて下さい。おせっかいなおばさんが大勢いますよ♪

 今日は、お盆休みに帰省する方も多いのでは?と思い、
龍泰院のホームページの月々の法話からの転載してみました。
 明日11日は、山門大施食会(さんもんだいせじきえ)という300人位の檀家さんが参列する法要があります。
袋田は、35℃前後の暑さの毎日です。もうぐったりです。ふ~


nice!(40)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 40

nice!の受付は締め切りました

コメント 36

私もおせっかいなひとりかな。
by (2007-08-10 20:52) 

ぱふ

相手を思いやるからこそのおせっかいですものね。
押しつけがましくないおせっかいおばさんを目指します!
猛暑のお盆、住職さん、どうぞお体にお気をつけて乗り切ってくださいね。
by ぱふ (2007-08-10 22:43) 

住職、いい話しをありがとう!^^
by (2007-08-10 22:52) 

月と、

お節介、でも話しかけてくれる存在が人の心を動かしますよね?「ああうっとしい!」といいつつ其処に居るのは、そういう話が聞きたいからだろうなぁ・・・・っと思います。言ってくれるだけありがたい、ということですよね。いいお話ありがとうございます☆
by 月と、 (2007-08-10 22:55) 

まめぞう

そうそう、人間何も言われなくなったら終わりですよね!
誰かに気にかけてもらえるというのは有り難いことですよね!^^
by まめぞう (2007-08-10 23:04) 

エルモさん、同感です。気に留めていただいている。間が花ですね!!
by (2007-08-10 23:52) 

chichiの母

鬱陶しいと思われる年代でもあり、両方の気持ちが
解る複雑な感じですが、私も気に留めて頂ける事に
感謝の心を持ち続けようと思いました。
by chichiの母 (2007-08-11 00:45) 

HOKUTEN

先先シーズン、慣れない那珂川で苦戦していた時、かえりしな地元の人に鮎を頂きました。「自分はまた明日、仕事帰りに来れるし。」と、その日の仕事終わりの鮎釣り釣果、10尾ほどを頂きました。
釣りをしに来ている人に魚をあげると言うのは、おせっかいだと思った時期も在りましたけど、とんがらずに行為を自然にありがたく受けると言うのは、それなりに経験して来ないとだめなんでしょうかね。
今回の話を読んで、思い出して、私も爽やかなおせっかいをしてあげられるようになって行きたいなと思いました・・・。
by HOKUTEN (2007-08-11 01:08) 

ぴんく

いい話をありがとうございます。
by ぴんく (2007-08-11 07:09) 

チャッピィー

おはよう御座います。
素敵なお話ですね・・勉強成ります。
老婆心をありがたく感じる時・・・・・・
by チャッピィー (2007-08-11 07:27) 

mochamama

私もついつい声をかけずにはいられなくて、おせっかいかもと思いつつ、自分にできることであれば・・・と。
逆のときもあって、そのときにはとてもありがたいと思います。
by mochamama (2007-08-11 08:06) 

Silvermac

「余計なお世話かな」と思っても、一言言ってやることも必要ですね。
by Silvermac (2007-08-11 08:42) 

nomu

母はいまでもうるさいので、実家からつい足が遠のきます。^^;まだ懐かしいとかいう気持ちにはなれないみたいです。母と娘ってきっとずっとそうなのかもしれません。
by nomu (2007-08-11 09:38) 

春分

大人の責任と思いますので、よその人でも注意すべきことは注意します。
ただ、怒りが先にたったり支配欲が根っこの動機じゃないかは注意します。
怒りと欲は人を焼く3つの火のうちの2つでしたよね。
by 春分 (2007-08-11 10:49) 

子供の頃よく、「注意されなくなったら終わりだ」
と、言われました。。。
余計なお世話やおせっかいも、相手を想うからこそ・・・ですね(^^)
by (2007-08-11 10:54) 

momoe

あぁ〜 早く実家帰りたくなっちゃいました。
おせっかいおばさんがいますが…
by momoe (2007-08-11 10:55) 

たいへー

近くにいると、このありがたみが分かりません。
喧嘩になるばかりです。(笑
遠くに離れていた方が、分かりやすいのだと思います。
by たいへー (2007-08-11 11:17) 

CARRERA

良く近所のおじさんに怒られましたが、それもひとつの老婆心ですよね。
by CARRERA (2007-08-11 13:16) 

ベアトラック

残暑お見舞い申し上げます。
ウチの母親も、その一人みたいです(笑
by ベアトラック (2007-08-11 13:19) 

☆kangeki☆

言いにくいこと言ってくれる・・・
そんなオバサンが少なくなりました。
淋しいですね。。
by ☆kangeki☆ (2007-08-11 13:59) 

れの

れのの部屋 |д・) ・・・暑さに負けず、気合入れて頑張ってください♪
by れの (2007-08-11 14:17) 

kenzi

余計なお世話ばかりしているようです。
by kenzi (2007-08-11 16:23) 

初盆となります。まさに親心とは有り難いものですね。
by (2007-08-11 18:14) 

旅爺さん

今はおせっかいなオバサンが少ないので未婚者が多いのかも、ですね。
by 旅爺さん (2007-08-11 20:17) 

みつなり

私も最近はおせっかいに回る方になってしまいました。
by みつなり (2007-08-11 20:32) 

kohtyan

法話の意味するところは、この年になってよく解ります。
by kohtyan (2007-08-11 22:52) 

ゴーパ1号

そちらで35℃ですものね。相当な暑さですよね。
こちらも、今日もだいぶ厳しい暑さだったようですが、
仕事でエアコンの中に一日中入っており、ちょっと頭痛がしています。
by ゴーパ1号 (2007-08-11 23:33) 

moonrabbit

どんな場所でも落ち着ける場所がふるさとですよね、
我が家が一番、といえる場所が全ての基本だと思っています。(^^
by moonrabbit (2007-08-12 10:12) 

mippimama

山門大施食会は無事済みましたか〜〜〜
暑い中、大変だったでしょうね
おせっかい小母さんかも^^;
by mippimama (2007-08-12 17:21) 

おせっかいしてみたい。です。
by (2007-08-12 18:47) 

言われなくなると淋しいです。
by (2007-08-12 19:36) 

良いお話しをありがとうございます。
我が身を振り返り 「おせっかい婆」になれるかなと自問自答……
by (2007-08-12 20:44) 

タケノコ

老婆心とはそういう意味合いがあったのですね。若い人に親切のつもりで教えたことがおせっかいに思われたり・・・
この暑さでは、袈裟を着られての法要も大変かと存じます。クールビズ風とかあればいいのでしょうが、そういうわけにもいかないでしょうから。
by タケノコ (2007-08-12 22:00) 

サファイヤ

両親や祖父母のありがたさ。後になって気づくのですよね。
いい話、ありがとうございました。
by サファイヤ (2007-08-13 10:04) 

こう

「老婆心ながら・・・」と言ってアドバイスをしてくださるかたが、2人ほどいます。
男性ですけど、ありがたいです。
by こう (2007-08-13 15:07) 

袋田の住職

みなさん、コメントとnice!ありがとうございます。
法話への感想もお寄せ頂き感謝申し上げます。
親切心を大事にしていきたいとあらためて思いました。
by 袋田の住職 (2007-08-14 07:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0