So-net無料ブログ作成

お盆です・・・ [法話]

袋田は七月盆でなく、旧暦のお盆でなく、月遅れのお盆ですので、8月13日に迎え火を焚き、16日に送るまでご先祖様と過ごします。

14日は、棚経で新盆の家を回りました。
朝8時に出発し、夕方4時まで、17軒の檀家さんを回り、「甘露門」というお経を読みます。

時間の制約があるので、普段の法事では必ず行っている法話もできず、できても短い法話に限られます。
梅花流詠讃歌の御和讃、御詠歌の奉詠も声がもたないので自重しています。

読経は、自由に音程を変えられますが、和讃は音程が大きいので、声帯に負担がかかってしまいます。

さて、今朝の「虎月庭」です。

kogetu0815.jpg

↑ 朝靄が立ち込めてますが、借景の月居山、生瀬富士も見えています。


昨日は、大子の花火大会がありました。
天候が心配されましたが、雷雨もたいしたことなく、無事に開催されました。
「まいん」ができたので、けっこうイベントや休憩に便利に利用されたようです。

今年は、得度式があり、新盆も多いので、私は、体調を考え家で休んでました。

長女と次女は浴衣を着て、こうしょうは甚平を着て張り切って連れ合いと水郡線で行きました。

水郡線だと、袋田-常陸大子は約4kmで一区間です。
道路は大渋滞するので鉄道の方が間違いないです。

saru1.jpg

↑ 境内の百日紅がきれいな花を咲かせています。

お寺やお墓に来る人が驚くのは樹の生命力です。

半分ほどの木の回りの部分だけで生きていて、これだけの花を咲かせています。

私の下手な説法よりも、この無言の説法は説得力があります。

新盆の棚経で檀家さんの家をお参りすると、亡くなった方の縁者がお参りに来ています。
最近、話題の所在不明の高齢者はこの地域では考えられません。

どこの家とどこの家に年寄りがいて、その人は何年生まれで何歳だとみんな情報を共有しています。
民生委員の方が、月に一回高齢者の家を訪問し、その様子を町に報告していますので、行政が所在を掴めないまま何年も経過するということは考えるられないのです。
袋田には江戸時代から続く家もけっこうあって、お盆になると、そういう家では、江戸時代の位牌なども並べられます。

ご先祖さまって大勢いるから、一人ぐらいいなくても大丈夫かな?
などと考えてしまいますが・・・

自分につながるご先祖様の一人でも、欠けていたら、自分は生まれてこないということになります。

たとえば、お祖母さんの母親のそのまた母親のお父さんが、子どもを産む前に死んでしまっていたら、


お祖母さんもその母親もそのまた母親もこの世に存在しないのです。
もちろん、あなたもです。

命って、そういう偶然の上に生まれてきた、本当に不思議な存在です。
そうした命は、みんなつながっていて、そして、つながっていく命です。

いなくても良かったご先祖様がないように、生きているすべての命で、存在しなくてもよい人はいません!

今、生きてることがつらいと思っている人は、ご先祖様のお墓をお参りし、
その日一日を、食いつなぐことに必死だった遠い時代のご先祖さま、

重い年貢に苦しみながらも、お祭りやお寺をお参りすることに楽しみを見つけていたお百姓さんたち、
戦場でいつ死ぬかわからない中、必死に戦った人たち、その帰りを願って家を守っていた人たち・・・

日本人も世界中の人も、そうして頑張って来たので、今の日本があり、世界があります。

私たちも、そうした想いを引き継ぎ、未来の日本が、世界がよくなるように努力する責任があるのではないでしょうか?

今日の命に感謝し、誠実に生きる。

自己の欲望を満足させるためだけでなく、人の役に立つことに喜びを感じられる人間でありたいものです。


そのためにも、もっと、自分を磨かねば!

hamigaki1.jpg

↑ うちの洗面所に並んでいる歯磨きです。

ネタがない時は、これをブログネタに!という春分さんのお言葉に甘えて、次記事はこのネタでいきます。
nice!(36)  コメント(22)  トラックバック(0) 

nice! 36

nice!の受付は締め切りました

コメント 22

ノリパ

お盆お疲れ様です。読経も続くと大変ですね。
by ノリパ (2010-08-15 14:41) 

にゃんぷ

tantanより☆

こんにちわ
たんたんです♪

たんたんの家でもクリアクリーンを使ってます☆
不思議と親近感^^

三つあるのは飽きないためですか??
素朴な質問でした☆
by にゃんぷ (2010-08-15 16:52) 

Tad

お盆、終戦記念の日、、、この時期は自分に繋がるそれぞれの歴史に想いを馳せるべき季節なのかもしれません。

しっかり生きなきゃ(^-^;A
by Tad (2010-08-15 17:43) 

侘び助

私の故郷は滋賀・・・浄土宗です。死者を手厚く葬る習慣(年忌などきっちりと)
新聞記事は信じがたい・・・
家出したり転居で音信不通等有るでしょうが、悲しき末路ですね。
by 侘び助 (2010-08-15 19:35) 

袋田の住職

ノリパ さん 以前は、一日お経を読むのがきつかったのですが、
特派巡回で鍛えられ、大きな声で読む続けられるようになりました。

にゃんぷ さん 三つあるのにはいろいろ訳があります。
次の記事で明らかになります。

Tad さん しっかりと人生を生き抜くことが人間に課せられた使命だと思います。

詫び助さん 信仰心の篤いところでは考えられない事態ですね。
by 袋田の住職 (2010-08-15 19:51) 

テリー

お盆は、住職さんにとって、大忙しですね。
by テリー (2010-08-15 19:56) 

青い鳥

こちらも月遅れのお盆です。
檀家さんが多いので、我が家の菩提寺のご住職は
5月ごろからお盆の棚経をはじめられるとか・・・
我が家には毎年8月12日にお見えです。
それで、迎え火は前日11日の夕方に焚きます。
送り火を1日早くするべきかどうか迷うのですが、
お盆の終わりの16日にしています。

by 青い鳥 (2010-08-15 20:24) 

miyukimono

こんばんは。
お嬢様の可愛い浴衣姿が写ってますね^∇^
自分を磨く。。。まずは歯から。。。?!
by miyukimono (2010-08-15 21:08) 

ばん

お盆は僕の田舎と同じですネ。
仏様に線香とローソクを灯して手を合わせて
「まだ30年は寂しくても呼ばないで下さい」と
お参りしました。
by ばん (2010-08-15 21:13) 

kazoo

都会のかなしき現状なのでしょうか。さびしいですネ。
by kazoo (2010-08-15 21:48) 

Silvermac

いつ見ても美しいお庭ですね。
by Silvermac (2010-08-15 22:32) 

きまじめさん

得度されたこうしょう君の甚平姿、想像すると、可愛くてほほえましいです。
「今日の命に感謝し、誠実に生きる」実行していきたいと思います。
by きまじめさん (2010-08-15 22:39) 

しょーえん

最後にキチンとオチを用意しているところに
参りました。
お盆のお墓参りを大切にされている家は
なんか空気が違うんですよね。
みんなどこかに「余裕」があるのを感じます。

by しょーえん (2010-08-15 22:47) 

yakko

こんばんは。イチバンお忙しい時期ですね〜 お疲れ様です。
最近の消息不明の話は信じがたいですね(@_@;)
by yakko (2010-08-15 22:52) 

かずっち

こんばんわ。
先日は暑い中大変お世話になりました。
ありがとうございましたm(._.)m

お盆は住職さんにとって一番忙しい時ですね。
17軒…声もかれちゃいますね。(。。;)

住職さん…
身体同様喉も大事にしてください(^人^)
by かずっち (2010-08-16 00:54) 

yamaoji

yamaojiんちは、仏教徒じゃなかったので、お盆の行事は無かった、隣んちで送り火を・・・yamaojiが子供のころ、送り火に使う藁は、魚屋さんから買ってきていました、なぜ魚屋さんから?
それは、鰹のたたき用の藁を置いてあったのです、それをお隣さんが買ってきて焼いてました。
by yamaoji (2010-08-16 01:20) 

SUMAKO

義母はご先祖様を大事にしています。
命日にはお坊さまに自宅にお越しいただき、お経を上げてもらいます。
そんな日本の良き文化が、少しずつなくなってきています。
あと50年経ったら、どうなっているんでしょう。
ご先祖さまを敬う大事な気持ちがなくなっていないといいな。
by SUMAKO (2010-08-16 09:25) 

たいせい

こんにちは
お棚経お疲れ様でした。 1日17軒すごいですね(^_^) お体大切に

不明高齢者の問題、普通考えられないですね。
自分の肉親や縁者が居なくなっても気にならない人間が居ることが不思議です。

実際、ご先祖のことをちゃんと供養されているお宅でしたら考えられないことでしょう。

不明になられた方々も先祖を顧みなかったので自身も顧みられることがないという悪循環でしょうか?

子供達にも先祖が有っての自分であると言うことを自ら教えてこなかった結果でしょうか?

戦後の穿き違えた個人主義的な教育の結果でしょうか?


これ全部が今の日本様な気がします。


by たいせい (2010-08-16 13:18) 

袋田の住職

テリー さん 今日は、あらしのような毎日が一段落しましたが、
13・14・15日は大忙しでした。

青い鳥 さんうちでは、新盆の家だけですが、全檀家を回るとなると
一か月かかりますね。。。

miyukimono さん 歯を磨くのは道元禅師の教えでもあります。
詳しくは、次記事で・・・

ばん さん そうです、あわてることはありませんね。
まだまだ、やるべきことがたくさんありますよ。

kazoo さん 都会では、民生委員を委嘱するのが大変だし、
プライバシー保護が行き過ぎて、民生委員が立ち入れない状況にあるようですね。

Silvermac さん 毎朝掃除しているので朝のうちはきれいです。

きまじめさん 感謝する心を忘れなければ、良い人生を歩めます。

しょーえん さん 確かにそうですね。
そして、その余裕が大事だと思います。
今は、それを見失っている人が多いような気がします。
「だいじょうぶ、なんとかなるさ・・・」
と思える余裕も大事ですね。

yakko さん ほんと不思議な話が多すぎます。

かずっち さん なんとか乗り切れました。
田舎は、大勢の人が故人を偲んで集まってきてくれますが、
都会では、寂しい限りの現状が見られますね・・・

yamaoji さん なるほど、都会では、稲藁を確保するのも大変なんですね。
カツオのたたきは稲藁で焼いたのに限ります。

SUMAKO さん お坊さんが家に呼ばれてお経をあげているうちは大丈夫でしょうが、その風習が無くなったら日本の古くから続いてきた儀礼の文化は消滅しますね・・・

たいせい さん 仰るとおりです。
自由を謳歌することだけを教えて、義務であるとか、当然の務めというものを教えなかったのでしょうね・・・
「自由」と「自分勝手」を履き違えてはいけません。

by 袋田の住職 (2010-08-16 17:10) 

sayudom

実家ではご先祖様に対する感謝の気持ちを常に教えられて育ちました。
でも一歩実家から外へ出ると、意外とご先祖様へ対する温度差みたいのを感じたりもします。
自分勝手に生きてはダメですね。
この頃騒がれている高齢者の事もどうかしてるとしか思えません。
ご近所づきあいだけでなく、人との関わりがが出来なくなってるんでしょうね。
さみしい世の中です。
by sayudom (2010-08-16 21:50) 

せつこ

あの花は、百日紅でしたか、やはりお寺に咲く百日紅は綺麗です。
by せつこ (2010-08-16 22:27) 

袋田の住職

sayudom さん ゴミのポイ捨て、列への割り込み、身勝手な人が起こすわがままな行動が、周りの人を不快にしますね。

せつこさん 当地では、昔は墓地とお寺にしか植えませんでしたので、
古いのは墓地にあります。
今では、個人の庭にも植えるようになりました。
by 袋田の住職 (2010-08-18 20:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0