So-net無料ブログ作成

⑨袋田の滝ハヤブサ物語2016-その9-(幼鳥たちの飛行訓練編) [猛禽類]

今日は、朝からからっと晴れて暑い日になりました。
お盆の塔婆も。予定数表、裏とも書き終えました。あとは、施主名を入れるだけです。

朝8時から二時間、ハヤブサの観察に出かけ、サシバも撮影することができました。

かなり行動範囲を広げているハヤブサの幼鳥ですが、巣立った直後は屏風岩と天狗岩の間位を飛び回るのが精いっぱいでした。

それでは、その頃のハヤブサの幼鳥三兄弟の様子をご覧ください。

6月4日に3羽とも巣立ったハヤブサの幼鳥、次の日も盛んに飛び回っていました。

02hayabusay8.jpg

↑ 階段を昇って観察していると、すぐ上を通過していきました。

腹の模様が縦じまで、嘴がやや青みがかった灰色なのが幼鳥です。

親鳥は、横じまで、嘴が黄色なので区別がつきます。


01hayabusay6.jpg

↑ 屏風岩の左から飛び出し・・・

03.jpg

↑ 屏風岩の右側まで・・・

06.jpg

↑ 今度は右から左へと飛び、

04.jpg

巣穴の中に・・・


ここで、親鳥を待つ作戦のようです。


05.jpg

↑ 上を見上げて、親鳥を探しています。


07.jpg

親鳥がやってきました。

すごいスピードで岩壁すれすれを飛ぶのでどうしてもブレてしまいます。

スマートなオスの親鳥の飛ぶスピードは物凄いです。

ここからは、巣立って4日目の写真です。

hayabusa3.jpg

↑ 幼鳥二羽が飛び回っています。

hayabusa2.jpg


↑ ケンカしているように見えますが、こうやって幼鳥たちは飛行訓練をしているのです。

親が幼鳥への餌の与え方も毎日変わっていきます。

次記事では、その様子をご覧いただきます。

⑩袋田の滝ハヤブサ物語2016-その10-(こんなところに幼鳥が!編)へ続く・・・

明日(19日)は、みらんど袋田探鳥会が9時からあるのですが、こうしょうと親父の出番に参加するので、
探鳥会には参加できません。

でも、ハヤブサとサシバは見られそうですし、キビタキ・オオルリ・サンコウチョウ・杜鵑などの鳴き声が聴けそうです。


nice!(24)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 24

nice!の受付は締め切りました

コメント 4

三楽斎

私も農作業が溜まっているので探鳥会には行けそうにないです。日々頑張って仕事を溜めないようにしないと探鳥会も夢のまた夢になってしまいますね。努力します!
by 三楽斎 (2016-06-18 20:55) 

袋田の住職

三楽斎 さん 日中の気温が30℃を超える様な日は、朝4~8時に作業するとはかどりますよ。
今日は、朝4時から塔婆の仕上げをして、6時頃には畑に出かける予定です。
by 袋田の住職 (2016-06-19 04:38) 

おじゃまま

大きくなってますね〜 ^^
by おじゃまま (2016-06-19 17:51) 

袋田の住職

おじゃまま さん メスの幼鳥は、オスの成鳥よりも大きいので、至近距離でみると迫力があります。

by 袋田の住職 (2016-06-19 21:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0