So-net無料ブログ作成

海洋の女神天妃尊と東皐心越禅師 [水戸]

9月30日は、毎年恒例となった水戸の祇園寺さまの開山忌でした。

gionji.jpg

なんと、今年は随喜寺院を代表して私が導師を勤めることになりました。


byo.jpg

↑ 祇園寺開祖心越禅師の霊廟です。

byo2.jpg

↑ ここに心越禅師は眠っています。

kanshi.jpg

↑ 徳川光圀公が、心越禅師が亡くなったのを悲しんで作った漢詩です。

9時半に開山堂で、導師を勤めるご挨拶のお拝をして導師寮で打ち合わせ・・・

ryumontei1.jpg

↑ 導師寮は紫雲台、その前庭は、枡野俊明老師の設計による龍門庭です。

syoro.jpg

↑ 鐘楼です。

ここが、ポケモンのストップになっていました。

境内が広いので、同じ山内でもけっこうな距離になります。

墓参の導師も勤めた後、講演を聴きました。

koen.jpg

↑ 今年の講演は、慶應大学の山下先生による、媽祖についてでした。

tenpi.jpg

 媽祖は天妃尊ともよばれ、中国では、開運の女神として信仰を集めていました。

香港もマカオもその媽祖にちなんだ名前だそうです。

茨城県内には、何ヶ所か天妃尊を祀る社があるそうです。

心越禅師は、媽祖を勧請し、日本に無事渡ることができたので、海洋の神として、
光圀公に、天妃尊の信仰を勧めたとも言われています。

rekijubo.jpg

↑ 明治時代まで、禅宗寿昌派の本山だったので、歴住墓地の石碑には本山何世と刻まれています。

祇園寺は、徳川光圀公が明から渡来した心越禅師招いて建てた名刹です。

今日は、こうしょうたちが清流高校生が、タイからの交流生を迎えに行っています。

10年ぶりにうちでも、受け入れることになりました。

10年前は、こんな感じでした。

ダウンちゃんとは、今もfacebookで交流が続いています。


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0