So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

月待の滝もみじ苑で旅立ち珈琲を・・・ [カフェ巡り]

百段階段でひな祭りなどがあり、賑わった大子町、
週明けの月曜日は、雨の予報もあり、静かなたたずまいです。


01.jpg

↑ すっかり氷も無くなり、春の装いとなった月待の滝です。

昨日は20℃、今日は、曇天にも関わらず15℃を超えた大子町です。




02.jpg

↑ 家の中より、外の方が暖かいぐらいです。テラス席でもくつろげる季節になりました。

03.jpg

↑ 薪ストーブにはいちおう火が入っていましたがいらないぐらいですね。

この日注文したのは・・・

04.jpg

↑ ほろい苦めの味で淹れているという「旅立ち珈琲」500円です。

名前のいわれを訊いたら・・・

06.jpg

↑ 水森かおりさんが歌う「月待の滝恋歌」の歌詞にちなんでいるそうです。

05.jpg

先日、店主の大関さんは、店を手伝っている二人の息子さんを連れて、大分まで行ってきたそうです。

師匠でもあり、恩人の蕎麦打ち界のレジェンド、高橋邦弘さんのお店を訪ね、蕎麦を打つ様子などを見学させてもらったそうです。

後継者をしっかりと育てている大関さん、さすがだと思いました。

私も、見習っていきたいと思います。

蕎麦打ちは終わりのない修行、修業とは違う、禅の修行と同じで終わりがないのだと感じました。

また、この冬は、厳しい寒さと新しい製氷機のおかげで、たくさんの天然氷ができたそうです。

究極のかき氷がこの夏も味わえそうです。

もみじ苑は、蕎麦の専門店になる前は、喫茶店でした。

今も、コーヒーや甘味にもこだわりを持って提供しています。

ということで、この記事のカテゴリーは、カフェ巡りとさせていただきました。


nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント