So-net無料ブログ作成

みんなのまいん 大子町民参加舞台「村人行進曲」 [大子町文化福祉会館「まいん」]

それでは、お待たせしました!

2月24日(日)午後13時40分に上演された大子町民参加舞台「村人行進曲」の様子をご紹介します。

d11.jpg

↑ 受付には次々と観客が・・・




d12.jpg

↑ 開演10分前には、かなりの人が入っています!

劇中の写真は無いので、いきなりですが、終盤にさしかかります・・・

d15.jpg

↑ 劇にクライマックス、DIG48の登場です。

d14.jpg

特訓のかいあって、まさにアイドルのステージのよう!

d18.jpg

エンディングロールにはカカシのもへじに扮した齋藤一さんが・・・

出演者や、劇中歌、劇中の踊り演奏をした方々やスタッフを紹介します。

d19.jpg

↑ 劇中では、認知症の親の介護をしながら、ご当地アイドルを目指す高橋みちよ役のまさこさん、
このブログによく登場する同級生である某日帰り温泉施設の部長の奥さんです。

以前、福祉関係の仕事をしていたので、介護のしぐさが実に自然です。

a5.jpg

↑ 軍兵六農園の小橋さん、大子に移住してきた方で、二人のお子さんと共にイノシシ役で出演、

命の尊さ、親子の情愛は、人も動物も同じという感動を呼ぶ演技を親子で演じてくれました。

d16.jpg

↑ 出演者スタッフの方々です。MIKIさんは一歳半の娘さんを抱いて登場しました♪

感動のエンディング!その様子を動画

d17.jpg

↑ 藤田則子さんの指揮で、出演者、自主事業運営委員、客席のみなさと、ふるさとを歌いました。

a7.jpg

↑ 涙をボロボロこぼしていた、観客の皆さんも、笑顔で出演者に声をかけて退場していきました。

席はほとんど埋まり、まさに満席の盛況でした。

自主事業運営委員会ができた時、プロの音楽家や芸能人を呼んできて公演をしてもらうだけでなく、

地元の人がステージ立つ機会をつくり、自分たちのホールにしたいと思いを込めて「まいん」と名付けました。

しかし、素人だけで劇団を作るのも難しく、なかなか実現できませんでしたが、

齋藤一さんご夫妻が大子町に来てくれたおかげで、ついにこの日が来ました!

まいんが、大子町民の力で満員になった奇跡の瞬間です。

私たちは、奇跡の瞬間の目撃者となりました。

さて、ふるさと納税が話題になっている確定申告の季節です。

実は、昨年までまいんの自主事業の運営基金となっていた武藤財団の財源がついに底をつきました。

来年は、一般財源からの運営となります。

そこで、大子町以外に住んでいる方へのお願いです。

ふるさと大子町のこうした文化事業を支援して頂くためにいわゆる「ふるさと納税」をお願い致します。

返礼品は、総務省の指導に沿ったものになりますので、安心してご協力ください。

これからも、こうした演劇を続けて行く予定だそうです。

もしかすると、私が出演したりすることがあるかもしれませんよ(笑)

お楽しみに♪


nice!(12)  コメント(0) 

nice! 12

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント