So-net無料ブログ作成

③ 菊池市の菊池温泉菊池観光ホテルのヌルヌルのお湯♪ [ソネ風呂混浴露天の会]

器而庵さんが登場するTV番組は、テニスの全仏オープンの録画放送のため、延期になってしまいました。

元世界ランク一位の実力者との息詰まる接戦をものにし、三回戦に進出したので、大坂なおみ選手をたたえましょう♪

もっとも、私はwowwowで視ていたので、午後9時にTV観戦を終えましたが、TV東京で視聴した人はそれから試合を観戦したのですね・・・

それでは、熊本の記事の第三回です。

22日は、茨城空港から福岡空港へ、大宰府でお昼を食べて大慈寺へ・・・

その後、北へ向かい熊本市を通過し菊池市へ・・・

k04.jpg

↑ 阿蘇山の西側である熊本からは、外輪山に遮られず、阿蘇五岳の噴煙を上げる中岳が見えます。

k02.jpg

↑ 熊本では、あちこちでくまモンが出迎えてくれます。

k03.jpg

↑ 菊池市、菊池温泉にある菊池観光ホテルです。

k08.jpg

↑ 高橋英樹名誉支配人と真麻名誉若女将がお出迎え・・・

k06.jpg

↑ 隣には菊池氏の墓地があります。

k01.jpg

↑ 少し歩くと菊池武光公の巨大な銅像が!

脇に映っているくまモンみたいな甥が写ってますので、比較するとその大きさがわかるかと・・・

k11.jpg

↑ 菊池温泉の源泉井です。

k07.jpg

↑ こちらは、手湯、すべすべというよりもヌルヌルといった感じのお湯に触れられます。

k09.jpg

↑ 浴場は、1階と6階にあります。

k10.jpg

↑ その途中に、露天岩風呂や岩窟風呂がいくつかありました。

菊池氏は藤原氏の系譜を引く九州の豪族ですが、南北朝時代南朝方として大いに活躍しました。

常陸には、南朝の拠点があったので、菊池氏の一族が来ています。

その後、奥常陸に移り住んだ人もいたので、大子町には菊池性が多いです。

講員さんの中には、菊池さんがいっぱいいて、

今回も3人の菊池さんが一緒でしたが、そのうちの一軒は、南北朝時代から続く菊池家の末裔です。

今回参加した菊池さんは、思いもかけず祖先の地を訪ねられました。

菊池さんのお墓をお参りするように勧めました。

「④ 令和元年梅花流全国奉詠大会が熊本で開催されました」に続く・・・


nice!(12)  コメント(2) 

nice! 12

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

れもん

思いもかけずご先祖様の地を訪れて感慨ひとしおでしょうねぇ。
by れもん (2019-06-01 06:40) 

袋田の住職

れもん さん 出発前忙しくて、宿泊地の情報を調べてなかったので、行ってから、大子町とは縁が深い場所だと気がつきました。
うちの檀家さんで一番多いのが菊池さんで80軒以上あります。
by 袋田の住職 (2019-06-02 09:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント