So-net無料ブログ作成

第3回龍泰院寄席「桂三若落語会」開催いたしました。 [龍泰院]

6月23日(日)第三回となる龍泰院寄席「桂三若落語会」を開催いたしました。

01.jpg

↑ 駐車場での誘導と国道横断の安全確保は檀家総代さんにお願いしました。

私が地主であるJA駐車場、高速バス駐車場も含めて満車となりました。

02.jpg

↑ 下足袋と警察からいただいた防犯資料の配布も檀家総代さんにお願いしました。

私が、木戸口で半券を切り、会場である本堂へは梅花講員さんの有志と甥が案内しました。

100席準備した、桟敷席・椅子席・関係者席もほぼ満席に・・・

03.jpg

↑ うちの檀家さんでもあるFMだいごパーソナリティー司会の石井ともえさん紹介で、
桂三若師匠の登場です。

04.jpg

↑ 桂三若師匠が高座に登りました!

05.jpg

↑ 一つ目の演目は「宿題」三若さんの師匠である、桂文枝師匠が三枝時代にたくさん作った創作落語の代表的なものです。

私は、二年前に西村で聴いていますが、龍泰院では初めて披露される演目です。

中入りの時に、会場の皆さんに、桂三枝さんの創作落語について説明しました。

二つ目の演目は、「子は鎹(かすがい)」という夫婦・親子の縁と情愛を描いた「子別れ」です。

古典落語では有名な噺ですが、涙と感動の話を笑いの要素をふんだんに取り入れ演じていただきました。

055.jpg

↑ 相変わらず眼力のすごい三若師匠です

06.jpg

↑ 三若師匠の熱演に・・・

07.jpg

↑ みなさん、食い入るように話に引き込まれていきます。

08.jpg

↑ 子はかすがいという話に入るまでの枕で、子供も大人も笑い!

10.jpg

↑ 最後の下げで、演目は終了!

昨年は、良いところでマイクがハウリングを起こしてしまいましたが、

今年は、音響も万全でした。

11.jpg

↑ はける観客を三若師匠と住職でお見送りしました。

そのあと、会場を片付け、スタッフで記念撮影を・・・

無事に第三回は龍泰院寄席はお開きとなり、桂三若大子後援会の皆さんと福来朗で打ち上げをして盛り上がりました。

帰りに、ゲンジボタルをみて、帰宅しました。

この日、観客が入場する時間に、一人のイケメンの若者がやってきて、

昨年秋に亡くなられた檀家さんのお墓をお参りしたいというので、身分を確認し、連れ合いがお墓まで案内しました。

実は、この凛々しい若者、又吉直樹さん原作の映画「凜」に出演した櫻井圭佑さんでした。

連れ合いが、走り回って対応してくれたので、お寺のが良い人で良かったと言ってくれたそうです。


映画のロケの時にお世話になったお礼に来たということで、噂通りの律儀な若者でした。

みなさんも、櫻井圭佑さんを応援してくださいね♪

夫婦の情愛とけなげな子供の姿を描いた人情噺「子別れ」、あらためて、助け合って生きることの大切さを感じた落語会でした。


nice!(16)  コメント(2) 

nice! 16

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

OJJ

100人程の寄席だと話も聞きやすいでしょうね~出待ちしてくれると愛着が湧くのはどこでも同じでしょうね・・納得。
by OJJ (2019-06-24 17:31) 

袋田の住職

OJJさん、桂文枝さんのお弟子さんですが、その時の客層にあわせたり、その土地の状況を踏まえたお話ができる実力者噺家です。
by 袋田の住職 (2019-06-26 11:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント