So-net無料ブログ作成

⑤ハヤブサ物語2019-その5-(久しぶりに見たハヤブサの幼鳥は?編) [猛禽類]

今日から7月です。6月最後の日は30mmを超える大雨となり、久野瀬橋も冠水しました。

先週は、花が咲いていたので刈り残しておいたサツキとツツジを刈りこみ、油粕をたっぷりと撒きました。

keidai.jpg

雨が降って、芝生も庭も良い感じになりました。

さて、7月最初の記事は、ハヤブサ物語の後半です。


01.jpg

↑ 親が雛に給餌する様子を撮影して、1週間ほど撮影はできず・・・雛の姿の情報も入らず・・・

もしや、親が気分を害して営巣放棄したか、カラスの襲われたかと思い心配しました。

02.jpg

↑ この時期、袋田の滝周辺の岩山にはゼンテイカ(ニッコウキスゲ)の黄色い花が見えます。

03.jpg

↑ 立神山の枯れ木には、野鳥が一羽・・・

04.jpg

↑ ハヤブサの親鳥のようです。

05.jpg

↑ 月居山側のお気に入りの木にもハヤブサがとまっています。

こちらは、たぶん母親鳥

ということは・・・

06.jpg

↑ 幼鳥は岩壁と同じ色なので、見つけるのは大変・・・
h06.jpg

↑ 巣の外に出て、羽ばたく練習をしていたので見つけることが出来ました。

08.jpg

↑ 外をみている幼鳥です。

09.jpg

↑ 瀧見茶屋からも、幼鳥が飛び立つ練習をしているのが確認できました。

でも、よほど気をつけてみないと、ここにハヤブサがいるのことに気付かないと思います。

⑥ハヤブサ物語2019-その6-(ハヤブサの幼鳥巣立ちは?編)へ続く・・・


nice!(14)  コメント(0) 

nice! 14

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント