So-net無料ブログ作成

⑨ハヤブサ物語2019 その9(屏風岩を舞うハヤブサ親子編) [猛禽類]

巣だって1週間後ぐらいの頃です。
連絡を取り合っているfacebook仲間と観瀑台に上りました。

この時期、瀧見茶屋から観察するのと、天狗岩付近から見るのと、観瀑台から観るので、
それぞれ、ハヤブサのいる位置によって、一長一短があるのですが、
この日は至近距離からの撮影を狙ってエレベーターで昇ったという訳です。

b01.jpg

↑ 待つこと30分くらい、予想していた時間に屏風岩のかげから、餌を持った親鳥が現れました。





b03.jpg

↑ 尾羽を広げて急ブレーキをかけて岩の方へ・・・

b04.jpg

↑ 屏風岩を舞うハヤブサの親です。

b05.jpg

↑ この画面にとまっているのですが、まず見つけることは無理です。

b08.jpg

↑ 青い丸が親鳥、黄色い丸が幼鳥です

b06.jpg

↑ 黄色い丸の中にいるのが幼鳥です。

b07.jpg

↑ 左下に親鳥が飛んできました。右上に幼鳥がいますここにもハヤブサがいるのですが・・・

b10.jpg

↑ 屏風岩の上にとまっているもう一羽の親鳥です

b11.jpg

↑ 屏風岩を舞う美しいハヤブサの写真がたくさん撮れました。

これらの写真からわかる通り、袋田の滝で子育てをするハヤブサですが、
とまっている時はみつけることは、非常に難しいです。

飛んでいるところや、鳴いている時はみつけることも可能です。

この日は、三人で見ていたので、見つけて撮影することが出来ました。

結果的に、一番近い場所で撮影はできたのですが、上の方だったので、撮影は難しかったです。



nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント