So-net無料ブログ作成
蕎麦を語る! ブログトップ
前の10件 | 次の10件

うぃっしゅ♡ DAIGOさんが食べた蕎麦、実はこれだった! [蕎麦を語る!]

まずは、昨日撮影した龍泰院本堂前庭「虎月庭」をご覧ください。

01.jpg

けっきょく、昨日も雨がほとんど降らなかったので、ツツジの花は見事に咲き誇っています。

4月16日、NHKの「あさイチ」で大子町が特集されて大反響でしたが、
地元に住んでいるからこそ、耳にした情報があります。

例えば、月待の滝、もみじ苑で「裏見の滝」の収録をしてまして、
店主の大関さんが、お団子を食べてポーズをとったりしてますが、
大関さんは、いつもは、あんな感じではありません(笑)

DAIGOさんは、月待の滝と袋田の滝で収録をした後、実は、別な場所でお蕎麦を食べていたのです・・・


クリックして、絶品のお蕎麦を・・・


大円地山荘でサンコウチョウの鳴き声を聴きながら蕎麦をいただきました。 [蕎麦を語る!]

6月14日、結婚披露宴へ行くバスで、大円地山荘の店主と一緒になりました。
そういえばこの記事を書いてからもう5年たつのですね・・・

01.jpg

↑ 西金駅から東の山の方へ入っていき、男体山登山口のところに大円地山荘があります。

すぐ裏手に、男体山がそびえています。




クリックして、お蕎麦をいただきましょう♪


ということで、もみじ苑は蕎麦屋さんになったのです・・・ [蕎麦を語る!]

前記事の続きです・・・

s7.jpg

↑ 十割蕎麦です。

十割蕎麦というと、固かったり、ボソボソだったりする店もありますが、
もみじ苑の十割蕎麦は、舌触りもなめらかで、細くて長いです。

それは・・・

クリックして、喫茶店からそば屋に変わった理由を・・・


袋田滝本の双葉食堂の手打ち蕎麦 [蕎麦を語る!]

ひな祭りが終わると、次は鯉のぼり・・・

鯉のぼりの準備で滝本へ・・・

k0.jpg

↑ 春めいてきた滝川です。水量も多いです。

クリックして、続きをご覧ください。


日本最高品質の金砂郷赤土を店名にした蕎麦屋「赤土」 [蕎麦を語る!]

28日は、更生保護の県北ブロック連絡協議会の準備のため常陸太田へ・・・

前日、定休日だったつけ麺「白ひげ」へ行こうと思ったら・・・

a1.jpg

↑ 暖簾が出ていません。

この日はなんと、臨時休業でした。

そこで・・・

クリックして、お店に入りましょう。


④ 出石へ行ったら出石皿そばを食べなければなりません。 [蕎麦を語る!]

今日は、今年最終の梅花講の練習日でした。
練習後、ショートケーキやイチゴを頂きながら、一緒にDVDを視て研修しました。

さて、因幡・但馬、梅花研修旅行の記事の後半になります。
残り3記事にも、お付き合いのほどお願い致します。

出石の街並みを散策した後は、いよいよ出石そばを頂きました。

d1.jpg

↑ 古民家風の作りの皿そばの名店に暖簾をくぐって入ります。

クリックして、お店に入り、お蕎麦が出てくるのを待ちましょう!


乾麺とは思えない大久保農園謹製の常陸秋蕎麦 [蕎麦を語る!]

師走に入り毎日やることがいっぱい、とにかく一つ一つ片付けて行ってます。
今日は、冬用タイヤに交換するのにガソリンスタンドへ行った時に、
ヤマセミとオオタカ?を撮影できました。
実は、ガソリンスタンドの近くの久慈川にいろいろな野鳥がいるので、
望遠レンズ持参で行っています。

野鳥の写真は後日別記事で紹介することとし、今日は、乾麺の記事です。
乾麺といってもかなりグレードが高い蕎麦です。

o1.jpg

大子町の中心街の西の方には、上岡、山田、芦野倉といった田園地帯が広がります。
そして、ここは、品評会で日本一に輝いたコシヒカリがとれたあたりです。

この一角に大久保農園があります。

01.jpg

↑ 先日頂いた、大子町山田の大久保農園謹製のうどんとそばの乾麺です。

クリックして、お蕎麦を・・・


馬頭広重美術館でお蕎麦を・・・・ [蕎麦を語る!]

12月7日(土)常明寺さんの檀家さんの葬儀で大田原へ行った帰り、那珂川町の馬頭広重美術館へ立ち寄ってみました。

01.jpg

↑ 素敵な雰囲気の建物と庭園です。



クリックして、お蕎麦と美術館を・・・


大子西中の蕎麦は、はっきり言って、すごいです!と「こころ旅」 [蕎麦を語る!]

28日(木)は、常明寺さんの本葬が終わった後、大子ブルワリーで急いで着替えて大子西中に移動しました。

03.jpg

↑ 学校の回りの木々は錦のように紅葉しています。






クリックして西中の様子をご覧ください。


常陸太田市久米の金砂そば [蕎麦を語る!]

10月7日(月)は、午前中、那珂市の檀家さんのところへ、仏壇の開眼供養に行ってきました。

帰り道、茨城を代表するそば処、常陸太田市久米町でお蕎麦を・・・

32.jpg

↑ その名も金砂そば!

そう、茨城県北部の常陸太田市金砂郷地区(特に赤土)から水府、大子町生瀬地区にかけての蕎麦は日本でも最高品質と評価される蕎麦が採れる地域です。

クリックして、美味しいお蕎麦を召し上がれ


前の10件 | 次の10件 蕎麦を語る! ブログトップ