So-net無料ブログ作成

亡き人を偲ぶ場所、そこは・・・ [法話]

お彼岸ということで、久々にお寺からの仏事に関する情報発信をしたい!と思い久々の法話です。
野鳥の記事ばかりでは・・・なので・・・。

まずは、春の彼岸を迎えた龍泰院の本堂です。
紅梅が咲き始めました。

hondo1.jpg

彼岸やお盆になると、お墓のことや葬儀のことを考える人がいるかと思いますので、まず葬儀について書きます。

クリックして、葬儀について考えてみましょう・・・


若きお坊さんの主張、弁論大会 IN ノバホール [法話]

3月11日(木)、つくばで若いお坊さんの弁論大会が開かれました。
会場は、音響が良いので知られるこのホール・・・

nova1.jpg

↑ ただいまステージの設営中です。

クリックして、ホールの内部もご覧ください。


ヤマセミと御誕生寺カレンダー [法話]

檀家さんへのご年始回りも遠方の数軒をのぞいてほぼ終わりました。

そこで、夕方、こうしょうと日帰り温泉関所の湯であたたまってきました。

201001131851000.jpg

関所の湯へ向かう途中の滝川でヤマセミを何度か見かけてます。


クリックして ヤマセミとカレンダーをご覧ください。


除夜の鐘と新春祈祷 [法話]

皆様 新年あけましておめでとうございます。

大みそかの夜は、11時30分から除夜の鐘をつき、

そのあと・・・

hora1.jpg

法螺貝を合図に、こうしょうと甥と三人で新春大般若祈祷を行いました。


くりっくして新春祈祷の法話を・・・


婆さまは何を期待したのか?修行僧はどうすれば良かったのか・・・(解答編) [法話]

前記事にコメントを入れて頂いた皆さん。
ありがとうございました。
あつく御礼申し上げます。

nice!を受け付けて無かったので、nice!だけ押して行く訳にもいかず・・・

画像もないので、その感想に逃げる訳にもいかず・・・

でも、コメントによってお互いを高め合うブログの醍醐味を感じて頂けたと思います。

それでは、まずは、私が修行僧だったら・・・

ここから入りたいと思います。

「婆子焼庵」は何を言いたいのか知りたい方はクリックしてください。


「婆子焼庵」の公案!あなたならどうする? [法話]

今日は、連れ合いの実家の先住大和尚(義父)の17回忌に随喜して参りました。
こうしょうも衣を着てお経を読みおじいちゃんの供養を勤めました。

法要のあと、導師をお勤めになられた御老僧より、こうしょうは僧侶として大事な心構えを教えて頂きました。
それは、次記事のお楽しみということで、

今日は画像なしの法話です。


クリックして禅問答の世界へどうぞ


袋田の住職流寒山寺「楓橋夜泊」の解説 [法話]

前記事にはたくさんのコメントやnice! を お寄せ頂きありがとうございました。

今日は、寒山寺の漢詩「楓橋夜泊」の私なりの解説をしたいと思います。

その前に、うちの開山堂の露盤宝珠と紅葉したシラキをご覧ください。

koyou1.jpg

シラキは、回りの木に先駆けて紅葉します。

私流の解釈をお読みください。


笑う門には福来たる♪ [法話]

皆様 あけましておめでとうございます。
除夜の鐘から引き続きの新春祈祷も無事終わり新年を迎えることができした。


syogatu1.jpg

↑ 築233年目を迎えた本堂

午前零時から法螺貝を合図に、甥とこうしょうと私の三人で御祈祷をし、
檀信徒と参詣者の家内安全・諸縁吉祥・心願成就を祈念致しました。

さて、今年の「山寺日記」は法話から始めたいと思います・・・・・・・・



月々の法話を読む


老婆心をありがたく感じる時 [法話]


 8月お盆の季節です。今月はお盆の法話など・・・

「老婆心をありがたく感じる時」

 昔ほどではないにしろ、田舎にはおせっかいなおばさんが大勢います。
人のすることが、気になって口を出したり、おせっかいなことをしてしまいます。
「うっとうしいなぁ」「放っておいてほしいのに」と思うときもありますが、このおせっかいが本当にありがたく感じることがあります。
 「老心」すなわち、「老婆親切」とは父母が切々と子を思い、我が身の寒さや熱さをうち忘れ、子の健やかなことを願いながら慈しみ育てるような親切心をいいます。
 そんな子を思う親心やその思い出がつまったふるさと、実家へ帰ると懐かしさとともに、そんな思いを感じるのではないでしょうか?
私も、子供の頃うっとうしいと思った親心をありがたく感じられる歳になってきました。
心が疲れてしまた人を温かく迎え癒してくれるのが、ふるさとなのではないかと思います。
 私にはふるさとが無いという方も中にはいるでしょう。でも、都会育ちの人は都会がふるさとです。
そして、おとうさん、おかあさん、お祖父さん、お祖母さんの代へさかのぼればほとんどの人にふるさとがあるはずです。夏休み、そうした心の故郷を訪ねてみませんか?
 それでも、ふるさとが無いという人は、日本の原風景がある奥久慈大子を訪ねてみて下さい。おせっかいなおばさんが大勢いますよ♪

 今日は、お盆休みに帰省する方も多いのでは?と思い、
龍泰院のホームページの月々の法話からの転載してみました。
 明日11日は、山門大施食会(さんもんだいせじきえ)という300人位の檀家さんが参列する法要があります。
袋田は、35℃前後の暑さの毎日です。もうぐったりです。ふ~


nice!(40)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

お盆ですので法話など・・・ [法話]

このところ袋田も曇り空が続いています。今日は台風と梅雨前線の影響でお昼頃から雨が降り出しました。
明日にかけては台風の接近で大荒れの天気になりそうです。
日本の梅雨も、シトシト型からスコール型に変わってきたようです。

「お盆」すなわち「盂蘭盆会」は、お釈迦様在世当時のインドで生まれたといわれています。
インドの雨季に当る時季にお釈迦様が遊行を禁じ一箇所にとどまって修行することを定めました。

続きを読む